RIJ Students

Students for a Global Education

RIJ Students is a student support group based at Waseda University established in January 2011 as a part of Refugees International Japan, which provides elementary through high school students in Japan exposure to global issues through educating about refugees. We offer in-class or after-school workshops and online learning tools to truly engage students in interactive learning formats and trigger students’ interest in the world beyond Japan’s borders. RIJ Students is indeed a unique response to the growing demand in Japanese society for a global and multilingual education.

Our organization consists of students and recent-graduates from Japan, Asia, Europe and Africa. We are collectively involved in researching  and compiling quantitative and qualitative information about refugees and refugee movements through organizational and academic resources and making them available to the public through our website and workshops. Given the variety of resources and perspectives on refugee issues, our ultimate goal is to accumulate information from multiple sources and present them in a student-digestible manner.

While the topic of refugees is serious, a fun and intriguing learning experience is conducive to learning. Although we are not certified teachers, our perceptual proximity to younger students and ability to reflect on our most recent learning experiences enables us to incorporate the most appropriate teaching tactics, including IT, appropriate for the modern day student in the classroom. This is one of our key strengths.

When we accomplish our goal of educating students about refugees, our secondary objective is to inspire students that they themselves are capable of making an impact to help improve the situation on refugees (or any social issue broadly speaking). We will guide students in organizing community activities or offer volunteer opportunities through our organization so they can ultimately become change-makers. As we inspire students to make an impact in society, our ability to relate to students also implies that we will identify students’ needs in this stage and provide mentoring support.

In all stages, however, our collaboration with schools, teachers and community members are integral for catering to each host group and students’ needs. As our organization continues to grow, we hope to tap in to existing RIJ school relations, expand our school network, and keep our ears open to what students, parents, teachers and you have to say.

To summarize, our vision and mission (steps to accomplish our vision)  are as follows:

Our Mission
To realize our vision, we are committed to:

  • Raising awareness of the presence of refugees;
  • Raising awareness of the possibility for us (students) to make an impact of the lives of refugees;
  • Making an impact on the lives of refugees.

Our Vision
We envision a society that is actively involved in assisting displaced people in securing their basic human rights.

One day, all refugees will have a safe home to return to.

Please feel free to contact us if you have any comments or suggestions: students@refugeesinternationaljapan.org

We value your opinions and support.

RIJ Students は2011年にRIJ、日本国際難民団体の一部として設立され、主に早稲田大学で活動しています。RIJは日本の小学生から高校生を対象に、難民について伝えることで国際問題を身近なものとして捉えてもらうという取り組みをしています。私たちRIJのメンバーは、授業や放課後の時間を借りてワークショップを開いています。また、まさに双方向からの学習が可能であり、国境を越えた興味を持ってもらえるような教材もウェブ上で使うことができます。RIJ studentsは独自の方法で、日本の社会から必要とされている世界的で多様な教育を提供しています。

私たちの組織は日本、アジア、ヨーロッパそしてアフリカの、学生や最近卒業した生徒によって成り立っています。私たちは組織的、学問的な情報源を通して、難民や難民情勢に関する量的かつ質的な情報をリサーチし、それらをまとめています。そしてウェブサイトやワークショップを通じて伝えているのです。難民問題に対するあらゆる情報源や考え方から考えると、私たちの究極の目標は多方向からの情報を蓄積し、わかりやすく発表することなのです。

難民というトピックは真面目なものですが、一方で楽しく興味をそそる学習方法は難民問題について学ぶにあたって大変助けになります。私たちは免許を持った教師ではありませんが、若い生徒たちと近いところにたって、最近受けた教育の経験を反映させつつ、ITを含むもっとも教育に適した方法や現代の生徒たちに教室で教えるのに適した方法を取り入れてワークショップなどを行っています。これは私たちの強みの一つでもあります。

私たちが目標を達成したとき、次なる目的は生徒自身が難民の現状(あるいは広く知られている社会問題)をよりよくする手助けをするような影響を与えることです。彼らが最終的に世の中を変えていく人々になるため、私たちは組織の活動を通じて彼らを導き、ボランティアの機会を提供していく予定です。彼らに社会に対する影響力を持ってもらうためにも、生徒たちと接しながら、私たちは現段階で生徒たちの必要としていることを明確にし、指導していくでしょう。

しかしながら、すべての段階で学校や教師、共同体のメンバー間の協力は、それぞれの主催するグループや生徒たちのニーズにこたえるために必要不可欠なのです。この組織が成長し続けるとともに、RIJが築いた学校との関係を利用し、学校のネットワークを広げ、生徒や親、先生、そして“あなた”が何を言おうとしているかについて常に耳を傾けていたいと思っています。

要するに、私たちのビジョンとミッション(ビジョンを達成するためのステップ)は以下の通りです。

<ミッション>

ビジョンを実現させるために、私たちが取り組んでいくことは、、、

・難民についての意識を高めること

・私たち(生徒)が難民の生活に影響を与える可能性を持っていることを知らせること

・難民の生活の向上に影響を与えること

<ビジョン>

私たちは、迫害された人々の基本的人権を守る助けを積極的に行う社会を理想としています。

いつの日か、すべての難民が変えるべき安全な家庭を持てますように。

もしコメントや提案があればお気軽にご連絡ください。

students@refugeesinternationaljapan.org

あなたの意見、支援を尊重します。

Advertisements

2 Comments

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s