(English Text Below)

鉄のカーテンの向こう側で見つけたこと

誰かから出身地を尋ねられる事は珍しいことではないー外国人という立場、移民という行政上の身分、言葉に外国のアクセントがあるどこか異郷の地から来たひとたちーというのが、私とかつて政治亡命者であった夫の、ここ数年来の在留資格をあらわす印象であるから、ひとがよくこの質問を問いかけるのはもっともだとして、それに対する私の答えが変容し、より複雑なものになってきたのは私にとって思いがけないことだった。

私のパスポートに示されている国籍はチェコ共和国だ。でも自分の故郷はどこかと訊かれたら、その答えが自分の出生地や、また自分が育った土地とはかならずしも言い切れないと考えるようになってきた。

20代の初めにアメリカ合衆国へ移住、私はそれまで育った土地に根付くソビエトの弾圧からは著しく異なる環境へ解き放たれた。

資本主義の自由が私のすぐ手の届くところに、世界は私の手の中にあった。

私の意志ひとつで何もかもが可能な世界、仕事のキャリアも、教育の自由も。

それは何と力強いことだろうと開眼した、今でもその感は変わらない。

だが、私の旅はまだまだ終わらない、私は旅の虫なのだ。

それは私のほとんどの青春時代を国境線内に閉じ込められた経験の反動かもしれない。

北米に始まりヨーロッパ、スイスそしてアジアの日本から、まもなく私たちの旅はアフリカへと続く。

私はどこへいっても常に外国人、そして移住民である。私の冒険はどこへでも私をいざなう、私は遊牧民であり、地球市民なのだ。

ではなぜRIJなのか?

多くの縁と人生の旅路が私をここまで導いてきた。

現在の私は大変に恵まれた環境に暮らしているが、その心地良い環境は決して私に不遇の人権のない生活を忘れさせない。

私たちが今手にしている生活は多くの努力と尽力の賜物だが、同時にこれが私たちに恵まれた好機によるものだということも痛感している。

私は圧政下の環境に生まれ、どんな個人の努力も報われないという抑圧の中で育ち、そんな世界から逃げ出し、その経験を決して忘れまいと誓った。

私は、必ずしも異邦の土地で受け入れられない部外者としての気持ちがどんなものかということもよく知っている、しかしそれでも今私は自分が勝ちくじを引いたと思っている。

私は生まれついて逆境に強い人間なのだ、新しいことを学ぶ好奇心旺盛な野心家でもある。

私は私の人生を不遇の人びとへの支援のために捧げようと決心した。

数年の学業の結果、移民避難民における精神的外傷とその治癒への取り組みという国際心理学の学位にたどり着いた。

その学位の取得過程で学んだことは、支援の取り組みに当該の地域社会と共に歩むこと、その人びとの文化の代弁者として働くことであった。

それはまさにRIJの活動理念「自立へ向けてあくまで当該地域の人びとが主導となって活動を進めること、限られた資源の中で現実的な選択肢を持ってそれを遂行すること」と合致する考え方であった。

私は非常に稀有な理念を体現しているこの団体の活動に参加している。

その理念とは、限られた資源の中から知恵を絞り、自立への支援と必要としている人びとへ敬意を持ってそれを届けることである。

Vera

A tale of what I discovered beyond the iron curtain 

It’s not unusual for an individual to be asked where they’re from, especially when that very individual is a foreigner. ‘Foreigner’ or immigrant, or the person with the accent, and any word of similar meaning, describes the roles that I, and my husband (a former political refugee), have settled into consistently for years. Hence why it’s only natural for people we meet to ask us. However, my answer were changing and it became more and more complicated to answer than I anticipated. 

I knew what nationality my passport associated me with, which is the Czech Republic, however eventually home for me was not necessarily where I was  born or where I was raised.

I immigrated to the United States in my early twenties, a drastic change from a known environment  into a world that was hidden from me under the oppressive rule of the Soviets in which I was raised in. With capitalist freedom at my finger tips, I felt like the world was my oyster. The feeling that I could do anything I wanted to, career or education wise, was powerful. It still is.

My travels weren’t over however, I had the travel bug, I could not get enough. Being ordered for majority of my young life to stay behind the border I suddenly could not get enough of travels.  From North America it was back to Europe, Switzerland, and then to Asia, Japan, and soon I’m heading to Africa. 

Yes, I am constantly a foreigner, an immigrant, but my adventures have led me to the epiphany that my home is anywhere, and everywhere, I want it to be. I am a Nomad, a global citizen. 

So why RIJ?

There are many reasons and a lifetime journey that lead me here. I now live a privileged life, but no comfort could make me forget what it feels like not to have basic human rights.  I understand that the life I have now is a result of an extremely hard work and dedication, but I am also very aware that my husband and I were given the opportunity to do so. I was born into a political environment that told me I mean nothing and no matter what I do it would remain that way. I got a way out and vowed to never forget. I also know how it feels to be an outsider in a country that does not necessarily welcomes you, but amidst of all of this I realized I actually won lottery. I have an inborn resilience, great capacity to learn things and an ambition! I have decided to dedicate my life to support the ones that either do not have the genetical advantages or the opportunity.  After years of studies, I ended up with MA in International Psychology with the concentration in Trauma and Crisis Intervention among immigrants and refugees.  As International Psychologists we were taught  to work with the communities, local resources and be advocates for the people and their culture. We were taught exactly what RIJ stands for “ work towards independence, let the local people run the show, intervene as little as possible, and be pragmatic in your choices because we will have extremely limited resources. So here I am, in a place that so rare to find, A place that respects and understands the people in need, and does unimaginable deeds with very limited resources. 

Vera