(English Text Below)

支援の恩恵を受けた人びとからの、多くの素晴らしい言葉の中で、心に残って、私に問いかけてくるのはこのひとこと、

「結局のところ、お互いを助け合う気持ちがなければ、生きていることに何の意味があるでしょうか。」

私たちはどう人と関わり、どのようにお互いに作用しあうのだろうか。

大学卒業後には海外へ飛び出そうと心に決めていた、自分の好奇心の赴くまま、自分の仕事のキャリア選択に落ち着く前に。

それは素晴らしい4年間のザンビア滞在だった、困難なこともあったが、私の将来の指針となる経験となった。全く異質の文化に触れ、英国では経験したことのない挑戦にも対峙した。

それまでにいくつかの避難民の受け入れ先として知られる国々に知己を得ていたので、

その後さまざまなNGOの活動に関わっていくうち、やがてボランティアとしてRIJの活動に参加するようになったことは、私にとって自然な成り行きだったと言える。

私はさらに、紛争による人びとの強制的な移動の実態を学ぶようになっていった。

支援を受けた人びとが地域社会で自立し再生を持続してゆく様子は、たとえそれが一時的に与えられた状況だとしても感動的であり、私はその姿に大いに刺激を受けた。

私はRIJの資金提供が、草の根的な方向から、継続的な解決策を生み出していく波及効果の様子を長年にわたり喜びの眼で見守ってきた。

RIJの活動は、紛争や迫害から逃れ故郷を追われた人びとに再生の機会を提供し、ひるがえって、その活動を支えるボランティアやインターンには人間成長における貴重な経験と彼女彼らの能力を活かす機会を提供している。

私は幸運にも、人びとと喜びと慈愛をわかちあう多くの機会に恵まれてきている。

RIJのチームと共にに働くことは、多様な国々からの、さまざまな年齢層の、あらゆるプロフェッショナルの人びとと共に歩むことであり、私につきることのない驚きと喜びを与えてくれる。

2020年がもたらした社会の変革は、さらに私を活動に集中させ、パンデミックを超えて私をより前向きにさせている。

避難民、国内避難民という立場におかれる人びとが日常的に対峙している困難に思いを寄せるたび、彼女彼らがそれでもお互いを助けあいより良い未来へ希望をもって歩み続けているということ。

その事実が私に、人間の復元の力を信じさせ続けている。

斎藤由紀子さんに次のブログへのバトンを渡します。

Of all the wonderful quotes we hear from beneficiaries, the one I recall now is: “After all, what do we live for, if not to make life less difficult for each other?” 

It makes me question what we do and how we interact with others.

After college I was determined to go overseas – to see if it was what I wanted to do – to satisfy my curiosity before I settled on a career. I spent four amazing years in Zambia -even the tough times; it shaped my future and taught me to look for opportunities. I learnt about a totally different culture to the one I was brought up in and learnt to face challenges that I would never have encountered in the UK.

As I continued to be involved in the NGO world in different causes it lead me to becoming a volunteer with RIJ. It was an easy transition as I still had contacts in some countries where refugees are hosted so I set about learning more about conflict displacement. Visiting projects and meeting beneficiaries opened up a whole new world of opportunity and I was inspired to see how communities could build independence and thus become sustainable even in so-called ‘temporary’ conditions. 

Over the years I have taken great pleasure in seeing how RIJ funding supports sustainable solutions through a bottom-up approach. RIJ creates opportunities in a variety of ways: providing opportunities to people displaced by conflict and persecution, and for volunteers and interns who can have the opportunity to gain valuable experience for the future and to use their skills and talents. I have been lucky to take advantage of so many opportunities through my life and love sharing that with others. Working with the RIJ team means working with many nationalities, many ages, many professionals and brings plenty of rewards. The opportunities arising from the social changes we are encountering in 2020 will continue to keep me engaged and positive beyond the pandemic. I am constantly reminded of the importance of resilience when I consider what refugees and IDPs have been through, yet they continue to work for a better future and make life less difficult for each other.

I nominate Yukiko Saito to take the baton next.