(English Text Below)

戻れない

私は1995年から日本に住んでいます。年に2度トルコへ帰国することができて、自分は十分にラッキーだったと思います。最後に戻ったのは一月でした。私が長期間トルコに戻れなくなるのを誰が知っていたでしょうか。いつ制限や検疫なく、トルコと日本を行き来できるようになるのか、現在誰にも分かりません。

避難民たちは避難に楽しみを求めません。観光旅行ではないのです。私は2018年にナイロビを訪れ、アフリカ各地からケニアへ逃れてきた多くの避難民と話しました。避難民は全て、家族、友人、そして自分たちの将来を置いてきたのです。自分たちがいつ戻れるかわかりません。恐らく一生。

ワクチンが利用可能になり、パンデミックが制御されれば私は帰国できるようになるでしょう。でも、世界中に存在する何百万人もの避難民にとってその時期は全く分からないのです。

私が最近何をしているかですって?WhatsAppを使ってトルコの家族に連絡しています。学生時代の友人とのWhatsAppグループをいくつも持っています。ここでトルコの友人ともっと話したいです。私は3か月前のような自分ではなく、今は自分のコミュニティに「所属する」必要があると理解しています。

これは避難民もやっている事。自分が安心できる人々と繋がっています。食糧、シェルター、仕事の機会を探しています。このネットワークは避難民にもう一度力を与えます。彼らは外国で自分のアイデンティティを大切にし、楽しみ、母国から遠く離れた場所で小さな郷里を作る事ができます。

もしRIJに私が関わっていなかったら、何の繋がりもなかったでしょう。私がRIJを愛しているのは人々が繋がるからです。RIJに参加することで、遠くにいる誰かと自分がいかに似ているのか分かります。RIJは私たちが同じ人間であることを思い出させてくれます。

次回のブログは、ベラを指名します。彼女は避難民であることの本当の意味を知っている人です。

No return

I have lived in Japan continuously since 1995. I was lucky enough that I could back to Turkey twice a year. The last time was in January. Who would know that I would be forced to stay for a long time? Currently, nobody knows when we can travel back and forth between Turkey and Japan without restrictions and quarantine.

Refugees don’t seek refuge for fun. It is not a touristic trip. In 2018 I visited Nairobi and talked to many refugees who escaped to Kenya from many parts of Africa. They had left everything behind: Their families, friends, and their future. They didn’t know when they would be back. Maybe never.

I know that once the vaccine is available and the pandemic gets under control, I will be able to go back. However, for the millions of refugees in the world, it is entirely unknown.What am I doing these days? I reach out to my family in Turkey through WhatsApp. I have many WhatsApp groups with my school friends. I talk to my Turkish friends here more. I wasn’t like this 3 months ago. Now, I understand that I need to “belong” to a community, a community of my own.

This is what refugees also do. They reach out to people they feel safe with. They seek opportunities for food, shelter, and work. The network makes them powerful again. They can cherish and enjoy their identity in a foreign country. They can create a small home far away from home.

I wouldn’t see connections if I weren’t involved in RIJ. I love RIJ because it connects people. By being involved in RIJ, I see how similar I am with somebody who is so far away from me. RIJ reminds me that we are all humans.

For the next blog, I nominate Vera, who knows what it means to be a refugee.