(English Text Below)

昭和40年生まれなので、人に生年月日を聞かれたときによく「東京オリンピックの翌年の生まれ です。」と説明していた。

年齢を話題にして双方に気兼ねがなかった20代の初めころ、見習いバーテンダーとして働くカウンター越しに年配の客に歳を尋ねられ、昭和40年生まれと答えのけぞられたこともいまは昔。 

やがて一緒の職場に平成生まれの同僚が現れ、自分がのけぞる番になったが、今度は令和という年号を迎えいよいよ自分も東京オリンピックを体験できるのかと思ったらコロナウィルスの大流行でそれも怪しくなってきた。

2016年、アメリカの大統領選挙のようすをずっとニュースで追っていた私は、その結果に愕然とした。 

これは自分も何かしなくてはいけないという思いに駆られ、娘の学校がチャリティー団体のひとつとして支援していたRIJの事務所へ突然電話をかけてみた。

 電話口でボランティア希望を申し出ると、まもなく開催のボランティアミーティングへの参加を促された。 

そこで何か各自の得意分野での貢献をという話を聞き、不定期開催していた自分の個人的ライブ活動をRIJへの支援チャリティーコンサートの形で行うことで活動に初参加。

やがて事務局の欠員によるスタッフ募集のメールを見たので早速応募してみた。

バーテンダーが前職でまた全職歴であることにやや気遅れはあったが、英語の履歴書を持って私にとって初の業界への面接へ挑戦。

オフィス勤務経験はゼロながら、学ぶ気持はあります、カウンター越しに長く世間を垣間見てきた経験も生かせるはずと売り込んだ。

もし日本の団体への事務職面接だったらとってもらえなかった気がする。 当時娘の成長に伴い時間ができ、それまでいろいろとパートを探していたのだが、年齢と経験の制限でことごとく採用を断られていたので。

小回り判断のきく小型の団体であり、エキセントリシティーに割と寛容な英国人のJaneが面接官のひとりであったことも採用可の理由のひとつかと思う。

もうひとりの応募者でプログラムコーディネーターの職務となった土屋なおみさんとともに、私 はイベントコーディネーターということでパート勤務の採用になった。

初勤務の日は晴れ晴れしい気持ちでお台場の見晴らしの良いオフィスに出勤したものの、実は初日には備え付けのパソコンのスイッチを入れる方法すらわからなかった。

 パソコンのスイッチはどこにありますかとは恥ずかしくて聞けず、なんとか自力で解決したものの、その後も冷や汗をかきながら、代々のRIJインターンの優秀な学生の皆さん達にお世話になりつつ 学習の日々で今日まで来たので、自分のオフィス勤務能力のゼロからの成長ぶりには感無量です。

mail

そんな私は、RIJ勤務を通じて親しんだ支援先団体の資料を読み込むにつけ、たとえばカレンニ上級学習プログラムセンター(KNSDC)の講習を受けた人たちが、講義を通じて目を開いていくさまには大いに共感できるところがある。

若い受講者の中にはコメントで、それまで自分が選挙権という市民の権利を持っていることを知 らなかったという人がいる、あるいは伝統的な女性の役割分担の文化から自分が解き放たれてゆくようすについて語っている人もあった。 

避難民として生きている人達が自分の新しい可能性を見つけて成長していくストーリーには、私自身のRIJ勤務上での歩みと成長に重なることが多々ある。

ところで、このところのパンデミックでふと諦観という言葉を想起することが多くなった。

この言葉を見つけたのは池波正太郎さんの小説、剣客商売だったと思う。

 手練れの剣客秋山小兵衛が活躍する時代小説。 

それまで特に時代小説ファンでもなかった私がこのシリーズを手始めにほぼ池波正太郎全作品を読破したきっかけは入院した養父の退屈しのぎの本のリクエストだった。 

大正10年生まれの養父から「講談本でも買ってきて」と頼まれ入院先の慶応病院の売店へおもむいた私は、「講談本…」とつぶやきながらあまり多くの選択のない病院の売店の書籍コーナーで剣客商売を手にとった。 

病室の養父の傍らでふと読み始めたら面白くて結局全巻を追って購入して読んでしまった。 

ほどなくして養父は亡くなったが、その後も池波作品は別シリーズ、エッセイと読み進んだ。

諦観という言葉の字面をだけを見るとあきらめとかギブアップといった後ろ向きなイメージがわ きそうだが、剣客商売の物語の中でこの言葉が使われたのは、剣客同士の勝負の際の心の境地で、相手との真剣での対峙において負傷することや死への恐怖感がふとなくなり、真に冷静な知覚の状態とでもいうか、剣術において最強を発揮できる精神状態になるというようなくだりで だった。

剣術の対戦において防御的な構えが忽然と消滅し、力の抜けた剣の型に入った剣客に相手は意表を突かれうろたえてしまう。

映画でこの言葉を思い起こさせる場面がある。 

スターウォーズシリーズのローグワンで、盲目の戦士チアルート・イムウェが帝国軍とのとの戦闘 のさなか、宇宙反乱軍との伝達のため銃弾を横切って通信ケーブルのスイッチを入れるレバーを起 動しにゆくシーン。 

あるいは、エイリアン2で女性海兵隊員バスケス上等兵がエイリアン撃退のため、実戦経験の浅く てちょっと情けないゴーマン中尉と通気ダクト内で手を重ねあって爆発装置をオンにするシーンなど。

生物として一番避けるべくプログラムされているはずの危険回避の行動指令本能に抗う理由とは何 だろう。

その後開業した自分のバーで、当時アルバイトをしていたバーテンダーの女の子が大学の心理学の講義で教わったセオリーから私の夢の解析をしたことを思い出す。

殺されそうになる夢を見たと話す私に彼女はおめでとうございますと言った。

それはそういう夢が再生と変革進化を暗示する良い夢だからというようなことであったと思う。

たとえ夢であっても、存続の危機からのがれようと必死に抵抗するのは自然な反応で、そのあらがいをやめて死を受け入れるということと、変革再生を受け入れることが同等な位置にあるとは興味深い。

最近、この諦観という概念を想起させられる場面に遭遇したのはニューヨークのアンドリュークオーモ州知事の市民への会見の様子を聞いた時だった。

リーダー不在の、混迷を極める米国のパンデミック状況下にあって、彼の会見態度はまさに諦観の境地にある剣客を思わせる冷静な、現実を知覚をするリーダーの姿だった。

それでいてそのスピーチは人道的で、彼自身の日常的な、ニューヨーカーの言葉づかいで語られていて、多くの人びとに自信と安堵感をも たらした。

戦後20年生まれ、かつて新人類と呼ばれた昭和40年前後に生まれた私たちの世代は、世界共通の苦難を知らない、しらけた、世事に無関心な世代と評されることがあったけれど、今はじめて、 世界の全ての世代の人たちと一緒になって、共通の危機に対峙しながら共に生きるという経験を している。

またそのすべての人たちの中には、こういった環境を生きることに熟練していると言える避難民の人たちも含まれている。

大変不可思議な、自分が大きな全体の一部となった実感を覚えているのは私だけではないと思 う。

私たちは、生物としての存在危機を実感しながら、事実をあらがわずに受け入れ、再生と変革への実用的な方法を選び取り生き延びていけるだろうか。

今誰もが同時に対峙している私たちそれぞれの対戦相手とは一体何者だろう。

静かなたたずまいの虚心の剣客や、

避難民として生き抜いてきた人々の耐久の精神にならい、 

このたたかいをみな一緒に切り抜けてゆこう。

次回ブログリレーの走者として、メテ ヤズーチ氏にバトンを渡します

image

Born in Showa 40, which is 1965 in a western calendar, I often explained the year as “The year after the Tokyo Olympics”.

A regular asking a new bartender their age was a common conversation starter when I was 20years old and working behind the bar counter as a junior apprentice bartender.

The old gentleman was freaked out to hear me saying I was born in Showa 40.

Feel like it was a long time ago but soon enough I found myself freaked out hearing my colleague was born in Heisei.

Now we’re in Reiwa 2nd and I was thinking about how we would finally experience the Tokyo Olympics here but I am not sure about that now due to the Covid19 pandemic.

Back in 2016 I was following the American Presidential Race and was astonished by its result.

Driven by urge to do something good I picked up the phone and called RIJ office for a volunteer work.

I know the entity through my daughters participation of one of RIJ’s Charity concerts before as one of her school activity.

After being informed about their next Volunteer Meeting, we talked about individual initiative to organize an event.

My first participation was to organize my private charity music event to support RIJ.

When I found an opening for a part-time administrative position at the RIJ office, I decided to raise my hand.

I felt a little setback because my whole professional career was build up based on a hospitality business and I had no office work experience, yet I grabbed my English resume and gave it a try.

“I am willing to learn although I have no experience working in a office and I have a long experience observing people from behind the bar counter.”

I think I may not be hired if that was a Japanese administrative job interview.

I already had been rejected from several part-time job interview before back then because of a lack of my experience or my age.

May be it was a small flexible entity like RIJ or may be it was Jane’s relatively higher tolerance on a little eccentricity as a British person.

I was hired as a part-time event coordinator along with the other candidate Naomi Tsuchiya, who was hired as a programme coordinator.

On the first day of my work, I felt proud of myself being hired as an office worker and coming into the Odaiba office with a wonderful window view on the 12th floor.

I sat in front of an office PC but in fact, I didn’t even know how to switch it on to activate, being too proud to ask anyone “Where is the button to turn it on?”

I finally figured it out by myself on the day though it took me a long way to come here at this point with the help of many smart College student RIJ interns.

mail

Because of that experience, I can deeply relate to those refugee people who have learned a new skill and find new possibilities through their given educational opportunity.

Like those student at Karenni Social Development Centre some young man said he didn’t know about his voting right as a citizen until he came and took the course, while another young woman spoke about her eye opening moments when she learn women’s rights to liberate herself from traditional gender roles.

Coming back to the pandemic situation, a concept of the word Tei-Kan 諦観 comes to mind as the recent situation has unfolded.I found the word in Shotaro Ikenami’s novel “Kenkaku Shobai” (Swordsmanship business)

The story of an old master swordsman Kohei Akiyama, a tale set in Edo Period.

I was not particularly a big fan of Historical novels until then, though I have now finished almost all of Ikenami Shotaro’s books including some of his essays published in magazines.

It was all started when my Taisyo-10 years born Stepfather asked me to get some Kodan-tale books for him to read in his hospital bed.

I went down stairs to a shop in the Keio Hospital’s where it doesn’t hold much book selections.

“Kodan-tale book… “ I was mumbling to myself and picked up one paperback of “Kenkaku Shobai “

Once I casually picked up the paperback to take a glance at it by his bedside in the hospital room then I couldn’t stop until I bought all and read in a total of 21volumes of the series.

My Stepfather passed away soon after that though I kept reading other Ikenami’s series of tales.

Tei-Kan 諦観 is laterally could reads as giving up, but it is actually a philosophical term describing a state of mind; the acceptance of one’s fate.

In the tale of “Swordsmanship Business” the word was used to describe the situation as two swordsmen fighting and in the middle of it one of them all of sudden dropped his fear of losing his life and reached to a truly objective state of mind.

His defensive effort had totally disappeared from his sword fighting formation and the opponent lose his concentration by surprise.

There are some movie scenes that remind me of this concept.

In the movie Star Wars Rogue One:

Blind monk Chirrut Îmwe plainly crossing the battle scene with his particular state of mind to switch on the intermission lever breaking into the Imperial archives.

Or in Aliens:

As a private Vasquez, one of the two Marines’ Smart Gunners put her hand together on a grenade with her inexperienced commanding officer Lieutenant Gorman in the duct tube to blow up the alien.

What is the motivation to go against the universal instinct of self preservation code which programmed to all living organisms?

A young part-time bartender in my bar congratulated me once when I told her about my nightmare of me getting killed.

She was analyzing my dream according to her lecture theory she just took at her University Psychology class.

I think she was congratulated me because the dream was implicating a change and a growth.

Even though it’s in a dream, it is a natural human reaction to fight against an existential threat.

Acceptance of death and acceptance of change.

That is a interesting idea to put those two concept together in a convertible position.

I recently eyewitness the scene which reminds me of the word Tei-Kan. That was the Andrew Cuomo’s press briefing as the governor of New York.

Under the chaotic state of pandemic situation in the United States, he revealed his true leadership at the occasion.

He was exactly like a master swordsman with a state of a calm objective mind.

Yet his speech was very frank and warm and spoken with his own words.

And giving many of us an assurance and showing the true nature of the New Yorker.

I was born in 20years after the Second World War, once our generation was named “Shin-Jinrui (a new breed)” the generation often refer as detached, indifferent and cynical bunch of young people.

For the first time in our lifetime, as all of us all the generation including resilient refugee people got together on this planet experiencing face to face match against our common enemy.

Under this rather extraordinary circumstance I think am not the only one to feel as if I am a piece of a bigger picture.

Are we going to be able to accept the reality as it is facing this existential threat and pragmatically choose the right pass for a survival?

Hope we all learn from the wise and calm swordsman and the resilience from the refugees to fight this pandemic together.

I nominate Mete Yazici as the next blog relay runner.

image