2020年2月ニュース総括|Refugee News Round-up: February 2020

(English Text Below)

 

砂漠の避難民キャンプにおける食糧の育て方

BBCは、英国シェフィールド大学とヨルダン、ザアタリキャンプのシリア避難民科学者チームが結集し、土壌が痩せ乾燥した環境で革新的な生鮮食品栽培方法を開発したプロジェクトについて報告しています。解決策は、キャンプに積み上げられた古いフォームマットレスを使用することでした。 マットレスの中身であるフォームは、少量の水しか必要としない水耕栽培と呼ばれるシステムで土壌の代わりになります。シリアで農業をしていた多くのキャンプの避難民は、トレーニングキットとスターターキットを受け取り、自宅で自分の食糧を育てています。

 

ロボット工学

シリア避難民のRania(ラニア)(13歳)と姉のRaghad(ラガド)(15歳)は、ヨルダンのザアタリ避難民キャンプの新しいイノベーションラボでロボット工学を学んでいる10代の若者のグループです。

Robotics

(c/o UNHCRJordan)

Behind the Source(ビハインド ザ ソース)は、避難民のための非営利プログラミング学校の卒業生擁護を目的としたキャンペーンです。eBay(イーベイ)やAccenture(アクセンチュア)など大手企業のホームページにプログラミングされた7つの「隠された」ポートレートとして取り上げられます。卒業生達は現在、参加企業のウェブ開発者として働いています。 HackYourFuture(ハックユアフューチャー)プログラムは、これまでにオランダの120人の避難民や世界中の200人以上の避難民がウェブ開発の仕事を見つけられるよう手助けをしてきました。

 

グローバルガイド

フィラデルフィアにあるペン博物館は、スタッフが博物館の工芸品と同じ地域出身の避難民や移民を雇うといった考えを思いつき、これまでより多様なコミュニティとの繋がり方を探していました。グローバルガイドと呼ばれる人々は、地元NGOの助けを借りて募集、考古学と古代史のトレーニングを受けました。グローバルガイドにはツアーで個人的な話を織り込むよう勧めています。 今日では博物館訪問者の3分の1は、グローバルガイドのツアーに参加しています。また、他の博物館でも同様のプログラムを開発しています。

 

東京オリンピックでボクシングの夢を追うアフガニスタン避難民

若いアフガニスタン避難民でありボクサーのFarid Walizadeh(ファリド・ワリザデ)は、22020年7月の東京オリンピックでIOC難民五輪選手団に参加するため来月ロンドンで予選トーナメントに参加します。ワリザデは7歳でアフガニスタンの故郷を逃れ、イスタンブールの孤児院に数年間滞在し、そこでいじめから身を守るためにカンフーとテコンドーを学びました。UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)はその後、彼をポルトガルに再定住させ身寄りのない難民申請児を世話するNGOへ連れて行きました。 ボクシングを始めてからわずか5か月後、彼は全国士官候補生のボクシングチャンピオンになりました。 昨年3月、2020年の試合に向けフルタイムでトレーニングをするため、国際オリンピック委員会から奨学金を受け取りました。 彼は「自分が望めば、常に二度目のチャンスがあることを人々に見せたい」とロイターに語っています。

How to grow food in a refugee camp in the desert. 

The BBC reports on a project that has brought together a team of scientists from the University of Sheffield in the UK and Syrian refugees at Za’atari camp in Jordan to create an innovative way of growing fresh food in a desert environment where the soil is too poor and dry for any agriculture. The solution was to use the foam from old mattresses that had piled up in the camp. The foam works as a substitute for soil through a system called hydroponics that requires only small amounts of water. Refugees at the camp, many of whom used to farm in Syria, received training and starter kits and many are now growing their own food at home.

 

Robotics. Syrian refugees Rania, 13, and her sister Raghad, 15, are among a group of teenagers learning robotics at a new Innovation Lab in Jordan’s Za’atari refguee camp.

Robotics

(c/o UNHCRJordan)

Behind the Source is a campaign aimed at championing the graduates of a not-for-profit coding school for refugees. It features seven “hidden” portraits built in code in the homepages of major companies such as eBay and Accenture. The graduates are now working as web developers for the companies taking part. The HackYourFuture programme has so far helped 120 refugees in the Netherlands and more than 200 globally to find jobs as web developers.

 

Global Guides. Philadelphia’s Penn Museum was looking for ways to connect with more diverse communities when staff hit upon the idea of hiring refugees and migrants from the same regions as its artefacts. The Global Guides, as they’re called, were recruited with the help of local NGOs and received training in archaeology and ancient history. They’re encouraged to weave their personal stories into their tours. A third of visitors to the museum today attend specifically to take a tour with a Global Guide, and other museums are developing similar programmes.

 

 Young Afghan refugee and boxer Farid Walizadeh will compete in a qualifying tournament in London next month in a bid to join the IOC Refugee Olympic Team at the Tokyo 2020 Olympics in July. Walizadeh fled his hometown in Afghanistan at the age of seven and ended up in an orphanage in Istanbul for several years, where he learned kung-fu and taekwondo to defend himself against bullies. UNHCR then resettled him to Portugal, where he was taken in by an NGO that cares for unaccompanied asylum-seeking children. After taking up boxing, he became the national cadet boxing champion after only five months. Last March, he received a scholarship from the International Olympic Committee to train full-time for the 2020 games. “I want to show people there’s always a second chance if they want it,” he told Reuters.

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s