(*English text below)

世界中の記事を含んだ月々の避難民ニュースのまとめは、故郷からの避難に苦しんでいるにもかかわらず、多くの人々の回復力と偉業にハイライトしています。RIJが支援するプロジェクトは、人々がこれらの問題を乗り越え、同じ成功を収めることを可能にします。マンスリーニュースとRIJの活動の情報をお知らせするため、このページの下からブログの登録をよろしくお願いします。

夢の実現。 ソマリア難民のアニサ・イブラヒム(Anisa Ibrahim)は、最近、自分が支援を受けた子 どもを支援するシアトル診療所の所長になりました。「私に与えられた機会を受けていない避難 民は現在何百万人もいます。もし彼らがその機会を得られたら、信じられないような素晴らしい ことを成し遂げるでしょう。」 

難民の外科医オーストラリアンオブザイヤーに選出。 整形外科医であり人権活動家、そしてイラ ク難民のムンジェド・アル・ムデリス(Munjed Al Muderis)は、月曜日の夜にシドニーで行われ た式典で、ニューサウスウェールズ州の 2020 年オーストラリアンオブザイヤーに選ばれました。 賞の主催者は、彼が「並外れた」障害を克服して外科医となり、避難民と亡命希望者の擁護者に なったと伝えました。 ムデリスはイラクから逃亡し、ボートでオーストラリアに到着後、クリス マス島に拘束されました。 彼は紛争の犠牲者を助けるため母国に手術チームを 7 回連れて行きま した。 

ロストからファウンドへ。 チョル・マジョック(Chol Majok)は、ニューヨーク州シラキュースに選挙で就任した最初の避難民です。南スーダンのかつての「ロストボーイ」は、8 歳で内戦を免 れ 現在、彼は新しい米国市民のロールモデルであることを誇りに思っています。すべてを失い絶 望の淵にいた彼は、希望に満ちた未来を見つけたのです。 

さらに 2 名の元避難民が米国市議会議席を獲得。 2 人の若いソマリア系アメリカ人女性が、地方 選挙で米国の市議会議席に選出されました。 23 歳のサフィヤ・ハリド(Safiya Khalid)は、7 歳の ときに家族とともにメイン州ルーイストンに移住しました。 23 歳のナディア・モハメド(Nadia Mohamed)は、ミネソタ州セントルイス公園の市議会議席を獲得しました。 二人の女性は、彼女 達の立候補動機について話します。 

ハンガリーのトランジットゾーンで父と息子が映画を製作。 ハンガリーとセルビアの国境の通過 区域(トランジットゾーン)で立ち往生している父と息子が携帯電話で撮影した映画が、ヨーロ ッパの人権フェスティバルで初演されました。 イランの芸術家アブーザル・ソルタニ(Abouzar Soltani)と彼の 10 歳の息子アーミン(Armin)は、セルビアで 2 年以上の待機後、2018 年 12 月合 法的にハンガリーへ入国しました。 彼らは、国境にある 2 つのトランジットゾーンのうちの 1 つ で、11 か月間過ごしました。 彼らの 3 分間の映画フィッシュは、アーミンが自分と父親が 収容されている輸送用コンテナの窓に金魚を描いています。 「この映画の作成によって、息子の 夢が存続しますように」とソルタニは言っています。 

バスキング(ストリートパフォーマンスの投げ銭集め)からオーケストラの結成まで。 ベネズエ ラのピアニストであるオマール・ザンブラーノ(Omar Zambrano)は、2 年前にブエノスアイレス に到着後、街中でバスキング(ストリートパフォーマンス後にする投げ銭集め)で飛び回ってい る多くのミュージシャンもまた、自分の母国を逃れたベネズエラ人だと気付きました。 現在、彼 は 150 人のミュージシャン(ほとんどがベネズエラ人)のオーケストラ Latin Vox Machine の創設 者兼ディレクターです。 彼は、オーケストラを通じ「感謝の気持ちを示し、音楽と才能を還元し ている」と言いました。 

The monthly refugee round-up of news includes articles from around the world that highlight the resilience and achievements of so many people despite suffering displacement from their homes. RIJ funds projects that enable people to surmount these problems and achieve the same success. Please follow the blog, which can be done at the bottom of the page, in order to keep up to date with the monthly news round-up as well as RIJ activities.

Achieving her dream. Anisa Ibrahim a Somali refugee, recently became the director of a Seattle clinic where was cared for as a child. Ibrahim said. “There are millions of refugees right now who are not being given the opportunities that I have been given. And if they were, they would do incredible things.” 

Refugee surgeon named Australian of the Year. Orthopaedic surgeon, human rights activist and Iraqi refugee Munjed Al Muderis was named New South Wales’s 2020 Australian of the Year at a ceremony in Sydney on Monday night. The award organizers said he had overcome “extraordinary” obstacles to become a surgeon and an advocate for refugees and asylum-seekers. Muderis was detained on Christmas Island after fleeing Iraq and arriving by boat to Australia. He has taken a surgical team to his home country seven times to help conflict victims. 

From Lost to Found. Chol Majok is the first refugee to be elected to office in Syracuse, New York. The former “Lost Boy” of South Sudan escaped civil war as an 8-year-old. Now, he’s proud to be a role model for new U.S. citizens. 

Two more former refugees win city council seats in US. Two young Somali-American women were elected to US city council seats in local elections. Safiya Khalid, 23, moved to Lewiston, Maine, with her family when she was seven years old. Nadia Mohamed, also 23, won a seat on the city council in St Louis Park, Minnesota. The two women talk about what motivated them to run for office. 

Father and son make film in Hungarian transit zone. A film shot on a mobile phone by a father and son stuck in a transit zone on the Hungarian-Serbian border has premiered at human rights festivals in Europe. Iranian artist Abouzar Soltani and his 10-year-old son Armin entered Hungary legally in December 2018 after waiting for more than two years in Serbia. They have spent the last 11 months in one of two transit zones on the border where asylum-seekers must remain while their claims are processed. Their three- minute film, Fish, shows Armin painting goldfish on the window of the shipping container where he and his father are being housed. “The film was made to keep my son’s dreams alive,” says Soltani. 

From busking to forming Orchestra. Omar Zambrano, a Venezuelan pianist, was scraping by after arriving in Buenos Aires two years ago, until he realized that many other musicians busking around the city were also Venezuelans who had fled their country. Today, he’s the founder and director of Latin Vox Machine, an orchestra of 150 musicians, most of them Venezuelan. He said that through the orchestra “we are giving back our music and our talents as a way of showing our gratitude”.