2019年10月ニュース総括|Refugee News Round-up: October 2019

*English text below*

キャンプで企業. シリア人のアミナ(Amina)は、イラクのドーミーズ(Domiz)避難民キャンプで、悪戦苦闘の末、洋裁ビジネスを始めました。未亡人であるアミナは、このビジネスによって、7人の子供を養っています。現在、アミナはキャンプ内の避難民の女性に洋裁の技術を教えることによって、彼女らの自立を促しています。

シリア避難民300人を救ったカナダ人の「ボス」. BBCの「ザ・ボス(The Boss)」シリーズで特集された、カナダ人の起業家で慈善家のジム・エスティル(Jim Estill)が注目を集めています。彼は、カナダの民間主導による避難民受け入れ(「プライベート・スポンサーシップ」)プログラムを通し、89ものシリア人の家族を彼の故郷のグルフ(オンタリオ州)に招待しました。エスティルは、費用を自費で負担した上に(110万ドル)、彼らの内の28人を自分の会社で雇い、数々の避難民に金銭的援助を通して起業を促しました。この功績が認められて、エスティルは今年の3月に「カナダ勲章」を受賞しました。

アイルランドの民間難民受け入れに学ぶ. 民間における避難民の受け入れを促進したとして、アイルランドが国際的な賞を受賞しました。アイルランド政府は、避難民をアイルランドに定住させる新しい選択肢として、2018年10月に「コミュニティ・スポンサーシップ」プログラムのパイロット版を開始しました。以来、6つのシリア避難民の家族がコミュニティによって引き受けられました。アイルランド政府は数週間以内に本プログラムを全国的に開始する予定です。

ザンビア、「資格パスポート」のパイロット版を開始. 今月より、ザンビアにおいて試験的に「資格パスポート」が配布されます。避難民は、正式な証明書を所有している事が稀な為、高等教育や職務を得る機会が限られることが多いですが、「資格パスポート」は、避難民の高等教育の修了、職歴、及び言語能力などを示す証書の代わりとなります。

Lual Mayenは、かつては南スーダンから逃れ、北ウガンダの避難民キャンプで生まれ育った避難民でした。現在では、ワシントンDCに本拠地を置く、ゲーム会社の社長です。彼のゲームは、紛争解決と平和構築をテーマとしています。最新のSalaamというゲームでは、プレイヤーは避難民のキャラクターを通して、戦争で疲弊した国から平穏な暮らしを立てるまでの旅を経験することが出来ます。ゲームの販売で得た利益の一部は、会社のパートナーである様々なNGOに寄付され、避難民支援に役立たれます。

美と社会起業Arushaというネイルサロンでネイルの施術を受ける事で、同時にソーシャルビジネスを支援することが出来ます。

レバノンの避難民キャンプではフットボールは禁止されていますが、少女たちは反発しました

オリンピックランナYiech Pur Bielは、Daily Nationというケニアの新聞で、自身の過去について記事を書きました。彼は、Kakumaの避難民キャンプにいた際、小さい頃に南スーダンで家族から離れ離れになった事を、走ることやフットボールをすることによって、思い出さないようにしていたと言います。走ることによって、安らぎを得る他にも、2016年のリオオリンピックに参加したことで、彼をテレビで見た家族と再会することが出来ました。

シリア人の水泳選手Yusra Mardiniは、2016年のリオオリンピックで参加した「難民選手団」の一員でした。オリンピックの経験を思い起こして、彼女は「何百万人もの人々を代表して、私たちが普通の人であることや、夢を持っているという事を発信することが出来た素晴らしい機会だった」と言いました。

 

Camp Enterprise. After struggling to set up a dressmaking business in Domiz refugee camp in Iraq, Syrian widow Amina now earns enough to provide for her seven children. Now she is passing on her skills to other refugee women in the camp so they too can provide for themselves.

The Canadian boss who rescued 300 Syrian refugees. The BBC’s The Boss series profiles Jim Estill, a Canadian entrepreneur and philanthropist who spent US$1.1 million of his own money to bring 89 Syrian families to his home city of Guelph, Ontario, through Canada’s private refugee sponsorship programme. He employed 28 of the refugees at the home appliances company he owns and runs and helped others set up their own shops and businesses by providing financial guarantees. In March this year, Estill was awarded the Order of Canada, the country’s second highest honour.

Ireland wins award for community sponsorship of refugees. Ireland has been named as the first ever winner of an international award for promoting community sponsorship of refugees. The government launched a pilot community sponsorship model in December 2018 as an alternative way to resettle refugees to Ireland. Since then, six Syrian refugee families have been sponsored by community groups. The Irish government is expected to announce the launch of a nationwide community sponsorship programme in the coming weeks.

Zambia to pilot “qualifications passport” for refugees. A document attesting to a refugees’ higher education qualifications, work experience and language proficiency known as a “Qualifications Passport” will be launched in Zambia this month before being rolled out more widely. Lack of documents is one of the biggest obstacles to refugees accessing university education and jobs.

Lual Mayen grew up in a refugee camp in northern Uganda after fleeing Sudan with his family. Now he is leading his own Washington DC-based company developing video games aimed at peace-building and conflict resolution. In his latest game, called Salaam, players adopt the role of a refugee as they journey from a war-torn country to a peaceful existence. Funds from the game benefit refugees through the company’s partnerships with various NGOs.

Beauty and social enterprise. You can get your nails done at Arusha nail salon while supporting social business. https://www.arusha.co.jp/socialBiz/

Football is forbidden, but girls in a Lebanese refugee camp kicked back

Olympic runner Yiech Pur Biel writes for a Kenyan newspaper, the Daily Nation, about taking up football, and later running, while in Kakuma refugee camp, as an escape from his memories of being separated from his family in South Sudan as a boy. Running brought him peace of mind, but it also reunited him with his mother and siblings when they saw him taking part in the 2016 Olympics in Rio.

Syrian swimmer Yusra Mardini was one of 10 athletes who competed at the 2016 Olympics in Rio de Janeiro as part of the first Refugee Olympic Team. Reflecting on the experience Yusra said it was “a great opportunity to represent millions around the world, to represent that those people are normal, and they have dreams”.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s