ニュース一覧: 2019年8月 |Refugee News Round-Up: August 2019

(English Text Below)

世界中の記事を含んだ月々の避難民ニュースのまとめは、故郷からの避難に苦しんでいるにもかかわらず、多くの人々の回復力と偉業にハイライトしています。RIJが支援するプロジェクトは、人々がこれらの問題を乗り越え、同じ成功を収めることを可能にします。マンスリーニュースとRIJの活動の情報をお知らせするため、このページの下からブログの登録をよろしくお願いします。

Vogue(ヴォーグ)の表紙を飾る. 南スーダン系オーストラリア人のモデルで元避難民の
Adut Akechさんが、世界に変化をもたらした15人の女性の1人として、イギリス版ヴォー
グ誌9月号の「Forces for Change(変化の力)」で表紙を飾りました。Adutさんは南ス
ーダンを逃れた後に、幼少期の一部をケニアのKakuma避難民キャンプで過ごし、最終的に
はオーストラリアに再定住しました。16歳からモデルとして働き始めたAdutさんは、「モ
デルとしてのみではなく、良い影響を与えた人としても認知されたい」と話します。

次の目標、東京オリンピック.イラン避難民のAmir Mohammedさんは、ドイツで人生を立て
直すにあたって、テコンドーが心の支えになったと言います。当初は駐車場でテコンドー
を練習していましたが、今では競技の為にドイツ中を移動し、ドイツ代表選手と組むこと
もあります。彼の現在の目標は、「難民オリンピックチーム」の一員として来年の東京オ
リンピックに参加し、メダルを獲得することです。

女性避難民を雇うことで世界の国内総生産(名目GDP)が1.4 兆ドル増加する可能性.
多くの場合において、女性避難民は就労するにあたり男性の避難民よりも様々な困難を経
験しています。米国ジョージタウン大学女性・平和・安全保障研究所(GIWPS)と国際救
援委員会(IRC)が先月発表したレポートによれば、女性避難民の就職率がドイツ、ヨル
ダンとレバノンにおいて、6%とかなり低い水準にありました。レポートは、仮に女性避難
民が受け入れ地の国民と同じ程度の就労機会と賃金を受けることが出来る場合、世界の国
内総生産(GDP)が1.4兆ドル増加する可能性があると主張します。

ヤズディ避難民を対象とした農業プロジェクト.カナダのマニトバ州において、ヤズディ
避難民を対象とした農業プロジェクトの規模が、1年間で10倍ほどに増加し、プロジェク
トに参加する30以上の家族に経済的自立の希望を与えています。CBSニュースによると、
寄付された土地から今季は9000キロほどの農産物が採れたそうです。この農作物によって
、避難民の家族は食料を賄うことが出来、地元の農産物の直売所で農作物を販売すること
により収入も獲得出来ます。プロジェクトの参加者の多くは、元農家だったイラク難民で
す。

落ちこぼれから主席に. Giftは、故郷の南スーダンで紛争が起こった際に、学校を退学せ
ざるを得ませんでしたが、今ではコンゴ共和国のBiringi避難民キャンプにある学校のク
ラスの主席です。コンゴ共和国で勉強するにあたり、彼は一からフランス語を学び、さら
には夜間勉強するために、太陽光発電による電灯を自作したのです。彼が言うに、「私の
夢はすべての子供が私のように学校に行けるようになることです。」

ドイツの職業紹介所は、避難民の雇用市場の参入の度合いに「満足」している. ドイツ連
邦雇用庁の下位機関である雇用研究機関の発表によれば、ドイツにおける成人避難民の
36%が就労しており、その水準は秋には40%(およそ40万人)に到達する予定です。このう
ちおよそ半数は技能職に就いており、雇用研究機関の主任であるHerbert Brückerは、こ
れを避難民の5人に1人しか職業資格や大学の学位を持っていないことを考慮すると、「驚
くほどに高い水準」であると言います。

The monthly refugee round-up of news includes articles from around the world that highlight the resilience and achievements of so many people despite suffering displacement from their homes. RIJ funds projects that enable people to surmount these problems and achieve the same success. Please follow the blog, which can be done at the bottom of the page, in order to keep up to date with the monthly news round-up as well as RIJ activities.

Vogue Cover Star. South Sudanese-Australian model and former refugee Adut Akech is
the cover star for British Vogue’s Forces for Change issue, which features 15 inspirational
women. After fleeing South Sudan, Adut spent part of her childhood at Kakuma refugee
camp in Kenya before being resettled to Australia, where she got her modelling break at
age 16. She told Vogue that she doesn’t want to be known only as ‘Adut, the model’. “I
want to be known as someone who made a positive impact”.

Next challenge: Tokyo Olympics. Taekwondo helped Iranian refugee Amir Mohammad
Hosseini restart his life after he arrived in Germany. He has gone from training in a car
park to travelling across the country to compete, sometimes with the national team. Now
his goal is to qualify for the Refugee Olympic Team that will compete in Tokyo next year
and win an Olympic medal.

Hiring refugee women could boost global GDP by US$1.4 trillion. Refugee women
often face even more hurdles to finding employment – let alone fair wages – than refugee men. Their participation in the labour market is as low as 6 per cent in Germany, Jordan and Lebanon, according to a report released last month by the Georgetown Institute for Women, Peace and Security and the International Rescue Committee. The study found that if refugee women were gainfully employed and paid the same as workers in the host population, they could add up to US$1.4 billion to the global GDP.

A farming project for Yazidi refugees resettled to Manitoba, Canada, has grown ten-
fold over the past year and offers the prospect of financial independence for the more than 30 families tending the land. CBC News reports that the donated land produced 9,000 kilogrammes of produce this season – enough to help feed the refugees’ families and sell at local farmers’ markets. Many of the refugees were farmers in Iraq, making the project a natural fit for them.

From drop-out to Top of the Class. Gift had to drop out of school when war broke out in
his native South Sudan. Now he’s top of his class at the school he attends in Biringi
refugee settlement in the Democratic Republic of the Congo, despite having to learn
French from scratch and having to make his own solar lamp so he could study at night.
“My wish is for every child to go to school like me,” he says.

German employment agency “satisfied” with refugees’ integration into job
market. About 36 per cent of adult refugees in Germany are currently working and the
figure is expected to rise to about 40 per cent – equivalent to nearly 400,000 employees –
by the autumn, according to the Institute for Employment Research the research arm of
Germany’s Federal Employment Agency. About 50 per cent are working in skilled
professions, which Herbert Brücker, head of international labour market research at the
institute, described as “surprisingly high” considering that only one in five refugees arrived with a vocational qualification or university degree.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s