ニュース一覧: 2019年7月 | Refugee News Round-Up: July 2019

(English Text Below)

世界中の記事を含んだ月々の避難民ニュースのまとめは、故郷からの避難に苦しんでいるにもかかわらず、多くの人々の回復力と偉業にハイライトしています。RIJが支援するプロジェクトは、人々がこれらの問題を乗り越え、同じ成功を収めることを可能にします。マンスリーニュースとRIJの活動の情報をお知らせするため、このページの下からブログの登録をよろしくお願いします。

環境保護団体ヨークシャー・デールズ・ミレニアム・トラストのおかげで、イギリス北部に住む避難民認定希望のひとびとは、イギリスの田舎を体験する機会と、タグ付けのため、生まれて1年経っていない子羊をつかまえる作業などの高地農業のコツを学ぶ機会を得ました。クリックする。

Tabisha Esperanceは、「カクマ避難民キャンプで一番のファッション・デザイナー」を自称しています。2010年にコンゴ民主共和国を逃れ、ケニア共和国北部のカクマにたどり着いた当初は、どのように生き延びていくのかがわかりませんでした。しかし、ファッションやデザインに関する技術を持っていたので、まもなく仕事を始めました。Tabishaは「私は成功するわ。自分のブランドを国際的に知らしめたいの」と言っていました。

Angela Luna は、ギリシア領レスボス島の海岸で集められたUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)のテントや救命胴着をバッグやジャケットへと作り替える、社会的意識の高いブランドであるADIFFの創始者兼クリエイティブ・ディレクターです。アテネの製造施設では、仕立て技術を学んでいる3人の避難民を雇用しています。

シリア避難民の家族は、バラの花の種子によって、レバノン共和国での新しい生活をはぐくんでいます。5年前にレバノン共和国のベッカー高原へと移り住んできたあるシリア人家族は、現在、地方の特産品、ローズウォーターを作るメーカーへと供給するバラの花を育てています。シリア・アラブ共和国ダマスカス近郊の故郷の村から逃れるときに、栽培していたバラの種を持って出たのです。農業は、レバノン共和国でシリア避難民が合法的に働くことを認められている3つの分野のうちのひとつです。

イラク共和国出身の元鍛冶屋Ramadanは、国内避難民のためのバハルカ避難民キャンプに住んでいて、鍛冶屋の技術を使い、スクラップから車を組み立てています。彼は手作りのオープンカーなどの製作と同時に、体に不自由があるひとびとのための移動補助の機具も作っています。

カクマ避難民キャンプの起業家」。このBBC制作のビデオは、年間でドル換算にして5600万ドル(約56億円)を超える経済効果を挙げているケニア共和国カクマ避難民キャンプの人たちの活躍を写し出したものです。避難民が運営する「発電所」は、複数の発電機を利用し、30世帯に加えて、キャンプ内の180以上の事業者へ電力を供給しています。電力の使用が可能になったことで、魚屋、インターネットカフェその他の商業を運営できるようになっています。

国際オリンピック委員会は、2020年東京大会に参加する避難民オリンピックチームを結成します。エチオピア連邦民主共和国出身のランナー、Yonas Kindeは、37人の避難民競技者の中の一人で、10~15人の最終チーム選考に残りたいと願っています。

旅行ガイドブック『ロンリープラネット』は、避難民や亡命希望者の能力を育てるプロジェクトに取り組む、世界中のレストランやカフェのいくつかを取り上げています。レバノン共和国の女性が営むキッチンカーから、避難民としてドイツにたどり着いたばかりのひとびとを雇用するドイツのシリア料理レストラン、毎年行われる避難民フードフェスティバルまで、このリストからは、どこでおいしいものが食べられるか、そしてそれを通じてどこで避難民を支援できるのかがわかります。

The monthly refugee round-up of news includes articles from around the world that highlight the resilience and achievements of so many people despite suffering displacement from their homes. RIJ funds projects that enable people to surmount these problems and achieve the same success. Please follow the blog, which can be done at the bottom of the page, in order to keep up to date with the monthly news round-up as well as RIJ activities.

Thanks to the Yorkshire Dales Millennium Trust, a group of asylum-seekers living in northern England had the chance to get into the English countryside and learn the ropes of hill-farming, including catching month-old lambs for tagging. Click here

Tabisha Esperance describes herself as “the best fashion designer in Kakuma Refugee Camp”. After fleeing the Democratic Republic of the Congo in 2010, she had no idea how she was going to survive when she first arrived at Kakuma in northwest Kenya. But she brought with her skills in fashion and design, and before long, she was in business. Tabisha said “I think I am going far, I want my brand to be well-known internationally.”

Angela Luna is the founder and creative director of ADIFF, a socially-conscious fashion brand that turns UNHCR tents and life vests collected on the shores of the Greek island of Lesvos into bags and jackets. Its manufacturing facility in Athens employs three refugees who are learning tailoring skills.

Syrian refugee family use rose seeds to cultivate new life in Lebanon.  A Syrian family who settled in Lebanon’s Bekaa Valley five years ago are now growing roses to supply makers of rose water – a popular culinary product in the region. The family brought rose seeds with them when they fled their home village in a farming area near Damascus. Agriculture is one of three sectors in which Syrian refugees are legally allowed to work in Lebanon.

A former blacksmith from Mosul, Iraq, Ramadan now lives in Baharka camp for internally displaced people where he uses his blacksmithing skills to assemble cars from scraps. As well as his own hand-made convertible, he has made a mobility device for a person with special needs.

Kakuma camp’s refugee entrepreneurs. This BBC video looks at some of the refugees in Kenya’s Kakuma camp who are helping to fuel an annual economy worth over US$56 million. A refugee-run “power plant” is using multiple generators to power more than 180 other businesses in the camp as well as 30 households. The availability of electricity has allowed fishmongers, internet cafes and other businesses to operate.

The International Olympic Committee is creating another Refugee Olympic Team to compete in the 2020 Olympic Games in Tokyo and Yonas Kinde, a runner from Ethiopia, is one of 37 refugee athletes hoping to be selected to join a final team of 10 to 15.

Lonely Planet looks at some of the restaurants, cafes and food projects around the world that are nurturing the talents of refugees and asylum-seekers. From a food truck run by refugee women in Lebanon to a Syrian restaurant in Germany that hires recently arrived asylum-seekers to the annual Refugee Food Festival, this list tells where you can eat delicious food and support refugees.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s