Refugees 難民 = “difficult people”? The semantics of nanmin, the Japanese word for refugees

The words we use matter. It influences how we think, form opinions, and see each other. Especially, this is the case when considering labels which categorize certain groups of people.
Full English text below the Japanese.

私たちが使う言葉は重要です。それは、私たちがどのように考え、意見を述べ、お互いをどう見做すかに影響します。あるグループの人たちをカテゴリーに入れる場合には、特に注意が必要です。

ここで、メディアによく登場する illegal immigrants (不法入国者) という言葉を見てみましょう。この言葉は、実際にはirregular (非正規) あるいはundocumented (正式書類のない) 入国者を意図して使われています。Illegal (不法) と呼ばれる入国者たちは、移民と犯罪行為の概念に裏付けられ、さらにはその人たちの存在自体が非合法であるとの概念を引き出すことにもなりかねません。法の下ではIllegal (不法) という言葉は、「行為」に対して付されるものであって、人間の「存在」そのものに対するものではありません。言うまでもなく、非合法として一個人の存在を位置づけることはその人の人間性を奪うことにもなります。このように慣例として不適切な言葉で人々を言い表すことは、特定のグループの人々が社会でどのように扱われているかを見る重要な証拠であり、それは搾取や拘禁、本国への送還へと繋がる意識を作ってしまうことにもなります。

このため、本ブログ記事では 日本語の「難民」 と言う言葉をクリティカルに見ていきたいと思います。「難民」という言葉は文字通り、difficult people「難しい民(人々)」を意味します。

ナンミンの語源
20世紀初頭に、ロシア革命とロシア南北戦争から日本に逃れた人々は、避難民と呼ばれていました。 避難は、「避難、脱出、避難所を求めること」を意味します。民(人々)を加えると、避難民は文字通り「避難、脱出、あるいは避難所を求める人々」という意味になります。

しかし、1981年に日本が、「1951年難民の地位に関する条約」に加盟したとき、refugee は「避難民」としてではなく、「難民」として訳されたのです。なぜ省略形の「難民」と訳されたのでしょう。単に便宜上の事として説明できるのでしょうか? たしかに、日本では言葉を省略したり、短縮したりすることはごく一般的に行われています。それともそこには別の意図があったのでしょうか?残念ながら、「難民」 と訳されることになった経緯やプロセスについては、情報が限られています。どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら是非連絡いただけたらと思います。

RIJ は「難民」ではなく「避難民」という言葉を用いることを奨励します
すでに述べたように、呼称は人々がグループのアイデンティティをどう見做すかに大きく影響します。「難民」のカテゴリーに入れられた全ての人々が、同じアイデンティティを共有していないことを改めて認識する一方で、グループの人たちがどのように呼ばれるか、そのなかの個人にとってとても重要な社会的意義を持つことになります。カテゴリーに入る一個人が自分のことをどう考え、他の人々が、グループの(難しい人々と呼ばれた)人々をどう見做すか、その結果、人々が公共団体や政策、また日々の交流のなかでどのように扱われるかといったことにも影響するのです。

上述のように移民を illegal と呼んだ場合、ここでも同じようなことが言えます。文字通り「難しい人」と訳された言葉でグループを言い表すことは、ニュートラルな社会的意味を持つはずがありません。難しいのは人々そのものではありません。代りに「難しい」という記述は、彼らが逃れなければならなかった困難な状況に対して表現されるべきです。しかし現状、「難民」では恐れや拒絶という感情を呼び起こすだけかもしれません。それは、「難」という文字から連想するイメージが、重々しく、必要のないもの、望ましくない ものを暗示させるためです。

それ故、言語学上(ある概念領域を別の概念領域を用いて理解する場合)、難民 difficult peopleという表現は、日本語を話す人たちの避難民に対する考え方にも影響します。その結果、避難民を日本に受け入れる際の世論に、強い影響を与えることにもつながるのです。

視覚的に漢字を使った書かれた言葉は、特に、避難民のアイデンティティを暗示させることになり、このような成り行きは改善していく必要があります。RIJは過去に「難民」という言葉を昔から引用し用いてきたことを認識しています。 実際に、私たちの組織名である国際難民支援団体で今も使われています。しかし、近年、人々のアイデンティティを構築する上で、呼称の重要性と言葉の力を改めて認識するようになりました。だからこそ、私たちはこの変革「難民から避難民への転換」を推進するのに、是非、あなたの参加をお願いしたいのです。

RIJインターン あきよし こと

The words we use matter. It influences how we think, form opinions, and see each other. Especially, this is the case when considering labels which categorize certain groups of people.

Take the phrase ‘illegal migrants’, often used in the media to refer to those who are in reality, irregular or undocumented migrants. It can be seen that describing someone as ‘illegal’ creates a link between migrants and criminal behavior; further, it connotes to an unlawful existence. This is unsound in itself, as only actions under law can be deemed illegal, not persons. Not to mention, it is dehumanizing to degrade an individual’s existence as unlawful. This kind of labelling contributes to the production of identities open to exploitation, detention, and deportation – evidence of the importance of labels in how certain groups are treated in society.

This is why in this blog post we’ll be taking a critical look the Japanese word for refugees, 難民 (nanmin). This literally translates to ‘difficult people’ (nan 難 = difficult) and (min 民 = people)

1Etymology of nanmin

In the early 20th century, those who fled the Russian Revolution and the Russian Civil War to Japan were called 避難民 (hinan-min). 避難 (hinan) translates to “evacuation, escape, or to seek shelter”. Put together with 民 (people), the literal translation of 避難民 (hinan-min) is “people who evacuate, escape, and seek shelter.”

However, when Japan acceded to the 1951 Convention Relating to the Status of Refugees in 1981, the translation of ‘refugees’ appeared not as 避難民 (hinan-min), but as nanmin (難民). Why was the shortened form, nanmin used in the translation – can it be explained simply as a matter of convenience? After all, it is very common to shorten words in Japan. Or was there more to it? Unfortunately, limited accessible research exists on the decision-making processes which led to the translation of nanmin. We’d love to know more, please get in touch if you have further information.

RIJ advocates for a change: 避難民 (hinan-min), instead of 難民 (nanmin)

As mentioned earlier, labels can produce and reinforce how people imagine a group’s identity. While noting that all those who are categorized as ‘refugees’ do not share a homogeneous identity, how a group is labelled has social implications for individuals within the category. Implications such as how individuals may think of themselves, how others think about individuals within the group (labelled ‘difficult people’), and consequently how they are treated by institutions, policies, and everyday interactions.

Seen above in the case of labelling migrants as ‘illegal’, a similar critique can be applied here. To label a group with a term that literally translates to ‘difficult people’ cannot have neutral social implications. It is not the people themselves who are difficult, as the current label suggests. Instead, the descriptor ‘difficult’ should clearly refer to the conditions they are fleeing from. However, as things stand currently, the label nanmin will likely evoke feelings of fear or unwelcome – because the image 難 (difficulty) connotes a heaviness, unwanted and undesired.

Therefore, when functioning as a conceptual metaphor, 難民 ‘difficult people’ influences the way Japanese speakers think about refugees. Consequently, it impacts public opinion regarding the acceptance of refugees into Japan.

2

Especially for a language which is written visually through the use of kanji, the consequences of using the character for difficult 難 to connote the identity of displaced persons is in need of reform. At RIJ, we acknowledge that in the past, we have used the traditional way of referring to refugees, 難民 (nanmin). In fact, it was used in our organization’s name, 国際難民支援会 (kokusai-nanmin-shienkai). However, in recent years we have recognized the importance of labels and the power of words in constructing the identities of people. This is why we encourage you to join us in advocating this change: a shift away from 難民 (nanmin), to 避難民 (hinan-min).

Koto Akiyoshi, RIJ Intern

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s