Refugees International Japan in 2011

By Jane Best, CEO

日本語は英語の下で…

Thank you for your support in 2011. It helped to give Hope to thousands of people.

2011 was year of upheaval for thousands of people around the world, with the events in the Middle East, now known as the ‘Arab Spring’, as well as natural disasters. The earthquake and tsunami in Japan caused huge loss of life and major disruption to the lives of thousands, while other countries around the world were affected by floods and famine.

There were record numbers of people displaced by conflict, but it was not too protracted and many people have been able to return home since in Libya, Tunisia, Ivory Coast for example. The outlook for Burma is more promising than it has been for years but there are problems in the Kachin areas of the country.

Amongst all the bad news, the work of Refugees International Japan gives Hope and we can report the good news for the past year.

Refugees International Japan continued several partnerships with communities in Thailand, Burma, Chad, Uganda and Senegal. These projects are run by the refugees or IDPs (internally displaced persons); something that has proven successful year in, year out. The project leaders know what is best for their community and understand the cultural attitudes of the people involved. In particular, our funding targets youths who can play a major role in the programmes. Projects such as the DARE programme in camps on the Thai-Burma border, to reduce addiction and the associated violence that results. Mobilising the youth to spread the message gives them a sense of purpose and gains them respect in the community. We see similar results in Uganda where the school children are planting kitchen gardens and developing woodlots that will benefit the whole community.

In Chad we continued to support the Eye Clinics run by Christian Blind Mission. The clinics  benefit over 1,500 people and remind us that simple hygiene avoids most eye infections developing into chronic problems.

In July of 2011 RIJ started funding a new programme in the world’s newest country, Southern Sudan. The country still faces old problems of inter-tribal warfare but nearly 400,000 refugees have returned home since July hoping to rebuild their lives. Our funding provided training and the opportunity to start micro-enterprises.

With all our experience of funding community programmes, we sought to build similar relationships in Japan with communities affected by the tsunami. In October we began support to the Utatsu cho community in Minami Sanriku, Miyagi Prefecture, providing start-up funding for a tented market to revive the shopping centre destroyed by the tsunami. As with all our work, this is a community project, inspired by the community and for the community.
You can read more about the projects funded by Refugees International Japan on the website.

A big thank you to everyone who has supported us through a challenging year, be it financially, through services or as a volunteer. We could not do it without you.
A very Happy New Year!

2011年は、世界中の人々にとってまさに激動の一年となりました。中東では、「アラブの春」と呼ばれる民主化運動が起き、自然災害も発生しました。日本で起きた地震と津波は、多くの死者を出し、何千人もの人々に混乱を与えました。一方で、世界の多くの国々では、今なお洪水や飢餓に苦しんでいる人々大勢います。

紛争によって避難を余儀なくされた人々の数は記録的な規模となりましたが、それは長引くことはなく、以来、リビヤ、チュニジア、コートジボアールといった国で多くの人々が帰還を果たしました。ビルマ(ミャンマー)の情勢は、過去何年にもわたる状況に比べ、より明るい見通しとなりましたが、カチン州ではまだ多くの問題が取り残されています。

暗いニュースのなかで、RIJ(国際難民支援会)の活動は人々に希望を与えてきました。ここで明るいニュースについてもお伝えしたいと思います。

RIJ(国際難民支援会)は、タイ、ビルマ、チャド、ウガンダ、セネガルにあるコミュニティと長くパートナーシップを継続しています。プロジェクトは避難民やIDP(国内避難民)によって運営されており、年を追うごとにプロジェクトが成功していることが証明されています。プロジェクトのリーダーたちは、なにがコミュニティにとって最善であるかを知っており、そこに関わる人々の文化的な側面も十分理解しています。私たちは特に、プログラムのなかで中心的な役割を担う若者たちに対し資金援助を行っています。タイ・ビルマ国境のキャンプでは、DARE(薬物とアルコールからのリハビリテーション教育)プログラムといったプロジェクトが進んでおり、中毒やそれに伴う暴力の数を減らしています。

若者を動かすことでメッセージを伝え、目的意識を高めるだけでなく、コミュニティのなかで彼らは尊敬を得ることができます。ウガンダでも同じような状況を見てきました。学校の子どもたちが家庭菜園や植林をはじめ、それがコミュニティ全体に恩恵をもたらしているのです。チャドでは、クリスチャン・ブラインド・ミッション(キリスト教系の盲人支援団体)が運営する目の診療所に支援を続けています。診療所ではこれまで1,500人以上の人たちを助け、基本的な衛生管理が目の炎症のほとんどを慢性病に至らずに治癒できることを教えてくれました。

2011年7月には、RIJは世界で最も新しい国、南スーダンにおけるプログラムに資金援助を始めました。同国は今も民族間の争いといった昔からの問題に直面していますが、7月以来40万人もの避難民が生活再建のため帰還しました。私たちの資金は訓練と小規模ビジネスを始めるための機会を彼らに提供しています。

私たちは、これまでのコミュニティ・プログラムへの資金援助の経験を生かし、今度は日本で津波被害にあったコミュニティに対し、同じような関係を作り上げることになりました。10月に、宮城県南三陸の歌津町コミュニティへの支援を開始し、津波で崩壊した商店街復興のためテントマーケット・スタートアップの資金を提供しました。

他の活動と同じように、これは、コミュニティのための、コミュニティによって作られた、コミュニティ・プロジェクトなのです。

RIJ(国際難民支援会)が資金援助しているプロジェクトの詳細については、ぜひウェブサイトをご覧ください。

こうしたチャレンジングな年に、財政面での支援をして下さった方々、運営していくなかで、あるいはボランティアとしてご協力頂いた方々皆さまに心より感謝申し上げたいと思います。皆さまの存在なしには決して成し遂げられなかったでしょう。

皆さまにとって素晴らしい年になりますように。

Advertisements

1 Comment

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s