Message from Jane Best on the Horn of Africa

In the last few months refugee populations in the Horn of Africa have grown as a result of famine and fighting in the region. The Dabaab camp in northeast Kenya, one of the largest in the world, is struggling to handle the number of people flowing in from Somalia. In 2010 RIJ funded the upgrading of a children’s stabilization Center in Dabaab camp. This Center is doing great work in the present crisis though it is struggling to handle the number of children. We receive news from partners that RIJ has funded in the region. More camps have been opened and more agencies have moved in to provide assistance.

About Hagadera Camp, Dabaab

In 2010 RIJ funded the upgrading of a children’s malnutrition center in Hagadera Camp, Dabaab in northeast Kenya.

This center, run by the International Rescue Committee (IRC), is doing critical work in the recent East Africa crisis with refugees streaming in from famine-affected parts of Somalia. Around 13 million people in Ethiopia, Kenya, Somalia and South Sudan have been left in need of food, water and emergency healthcare because of one of the worst droughts in 60 years.

Through our funds, the center was renovated and better equipped to provide life-saving care for severely malnourished babies and children. It was transformed from a temporary wooden structure to a building with an examination room, a store, a nurse station, an isolation room, an office and a 20-bed capacity ward.

England Ali Hashi, a 20-year-old mother of one shared her view on the new center: “I’m really happy with the stabilisation center structure. I have faced lots of problems in the old structure: the cold nights, leaking roofs with the rain and having a very sick child on the verge of dying. Now I’m happy with the IRC, who has worked hard to build the new structure and it will be a good place for the management of our children in the community in the future.”

In the Middle East and North Africa the refugee situation fluctuates with problems continuing in Libya, Syria, Yemen and Egypt.

Our funding to communities displaced by conflict continues as usual. More information on this is always available on our website. Donations to RIJ-funded projects can be made HERE.

Jane Best MBE

President and CEO

この数か月において、アフリカの角と呼ばれる一帯では、飢饉と内戦により、避難民の数が急増してきています。世界の中でも大規模なキャンプの一つであるケニア北東部にあるDabaab Campではソマリアから流入してくる避難民の対応に苦慮しています。2010年、RIJはDabaab Campの児童センターの改善に資金援助しました。このセンターは現在の問題に取り組み、成果を上げていますが、避難民の児童数の多さには頭を抱えています。RIJはこの地域に資金援助してきたケニアのパートナーから連絡を受けています。より多くの避難キャンプが開設され、多くの活動組織が援助を行っているということです。

DabaabにあるHagadera Campについて

2010、RIJはケニア北東部にあるDabaab のHagadera Campでの、児童の栄養不良対応センターの整備に資金援助しました。このセンターは国際救済委員会に(IRC)よって運営されていて、ソマリアの飢饉に見舞われた地域から避難民が流入し、最近の東アフリカで大きな問題となっている状況の中で重要な役割を果たしています。60年間で最悪といわれる干ばつの影響で、エチオピア、ケニア、ソマリア、南スーダンに住んでいた1300万人もの人々が、食物や水、緊急医療を求めて、移動しています。

私たちの資金援助により、児童栄養不良対応センターは改築され、深刻な栄養失調状態となった赤ちゃんや子どもたちに救急ケアが行える施設となりました。一時的な木造の建物から、検査室、売店、ナースステイション、隔離室、事務所と20床のベッドを備えた建物に生まれ変わったのです。

母親である20歳のEngland Ali Hashiは、この新しいセンターについて次のように述べています。「この新しいセンターの建物はほんとにうれしいです。以前の建物ではいろいろな問題点がありました。夜の寒さ、雨漏り、死に瀕している子どもたちへの対応などね。IRCが新しいセンターの建設に力を尽くしてくれたおかげです。将来この地域での私たちの子どもたちの健康管理をするうえで重要なところになると思います。」

中東とアフリカ北部では、リビア、シリア、エジプトの問題が続く中、避難民の状況も混迷を続けています。

RIJは、内戦が続く国々から離れざる得なくなったコミュニティへも、変わらず支援を続けています。詳細は、私どものHPでご覧ください。RIJへの寄付はこちらからしていただけます。

RIJ会長 Jane Best

Advertisements

1 Comment

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s