New student project: Refugees International Japan Classrooms

This spring, the Refugees International Japan Student Leadership Program is introducing a sub-group called RIJ Classrooms.

RIJ Classrooms will increase opportunities for students to learn about refugee issues and take action by having student volunteers represent the organization and hold workshops. It is an exchange between schools and RIJ that happens in the classroom, where RIJ offers workshops on Human Rights and displaced people in fun, unique teaching formats, in exchange for fundraising support from schools.

To ensure that RIJ Classrooms is a sustainable initiative that supports RIJ’s main activity–fundraising, the group is developing a business model. Although the idea is not yet settled, RIJ Classrooms plans to charge a workshop fee or contract for future fundraising efforts by the host school to support RIJ’s fundraising efforts. In addition, it will be looking for corporate sponsors to support RIJ Classroom’s operational costs and pro-bono workshops at public schools and community centers in Japan.

While RIJ Classroom’s primary objectives are education and fundraising, positive side-effects include the introduction of new and active teaching methods in Japanese school classrooms, as well as opportunities for university students to gain career, teamwork, andleadership experiences.

RIJ Classrooms’ initial strategy for this spring and summer will be to expand and build credibility by holding workshops at International and Japanese schools within RIJ’s schools network. Once preliminary workshops are proven to be successful, RIJ will then seek host schools beyond its pre-established networks and actively recruit sponsors for the project.

Children at Nishimachi International School are busy drawing their single most treasured item they would take if they were placed in a situation, similar to refugees, where they needed to pack up and leave their homes immediately. Photo courtesy of Jane Best. 西町インターナショナルスクール の子どもたちが、もし自分たちが避難のように家からすぐ避難しなければいけない ときに何を持っていくか考え、自分の宝ものの絵を描いている様子。写真:ジェーン・ベストより。

Japanese translation by Kei
慶衣さんからの翻訳:

この春に始まる新しいプロジェクト!RIJクラスルーム

この春、国際難民支援会の学生グループであるスチューデントリーダーシップはRIJクラスルームというサブグループを構成します。RIJクラスルームは一般の学生たちが避難民問題に触れる機会を増やし、またボランティアをしている学生にもRIJを代表してワークショップを開催するというチャンスを与える目的で立ち上げられます。これは教室内で起こる学校とRIJ間の交換プログラムです。RIJがワークショップを開き、楽しく、ユニークな方法で子供たちに人権や避難民について知ってもらうのと同時に、RIJの寄付金集めに対して学校側のサポートを得るというものです。

RIJクラスルームの活動を長期継続可能で、RIJの主な活動である寄付金集めを援助する活動にするため、ビジネスモデルを検討中です。まだアイデアは完全に固まっていないのですが、RIJクラスルームをホストする学校にワークショップ参加費を払っていただいたり、将来の募金活動の約束を得たりすることでRIJの寄付金集めの支援にも繋げていく予定です。さらに、RIJクラスルームの活動費用をカバーするために企業の援助の獲得、公立学校や地域センター等でのプロボノ活動としてのワークショップも検討しています。

RIJクラスルームの活動目的は教育と寄付金集めですが、日本の学校の生徒参加型といった新しい授業体系の取り込みや、ボランティアをしている大学生のキャリア開発、そしてチームワークスキル、リーダーシップスキルの向上にも繋がっていくと期待されます。

これから活動を拡大し信頼を得ていくために、まずRIJの学校ネットワークに属している日本の学校またはインターナショナルスクールでワークショップを開催することがRIJクラスルームの春・夏の活動になります。ネットワーク内でのワークショップが成功を収め、プログラムの信頼度が確認された時点で、ネットワーク外の学校でのワークショップの開催や企業への援助の申し込みを始める予定です。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s